水族館劇場『朱もどろの海の彼方から──報告・琉球幻視行』(委託販売品)

B5判 並製 100頁
本体価格1500円+税
装幀:近藤ちはる
発行:水族館劇場 2019年12月

▶︎概要
水族館劇場は、「さすらい姉妹」興行として2019年「風車(かじまやー)の便り──戦場ぬ止み音楽祭2019」へ参加し、5月に東京上野で、七月には沖縄で『陸奥(みちのおく)のの運玉義留(んたまぎるー)』(作演出 翠羅臼)を上演した。10月、沖縄というテーマを引き継いで、水族館劇場座長の桃山邑によって新たな台本「GO! GO! チンボーラ」が書かれ、東京世田谷の太子堂八幡神社で奉納芝居として上演された。
 本書は、二つの台本(★)を収録するとともに、沖縄公演から、沖縄をめぐる新たな芝居上演にいたる記録として編んだものである。
 
『陸奥の運玉義留』(作演出 翠羅臼)★
 「風車の便り──戦場ぬ止み音楽祭2019」参加
  東京 上野 水上音楽堂 5月31日
  沖縄 辺野古 キャンプシュワブゲート前テント 7月12日
     那覇 新都心公園 天幕渋さ 特設ステージ 7月13日
 「赤い森の彼方へ──沖縄のアンダーグラウンド」(水族館劇場主催)
  東京 新大久保EARTHDOM 7月5日
『GO! GO! チンボーラ~ 満月篇』(作演出 桃山邑)
  東京 三軒茶屋 太子堂八幡神社境内 例祭奉納芝居 10月13日
『海を越える蝶 GO! GO! チンボーラ~ 満月篇 弐の替わり』(作演出 桃山邑)★
  東京 新大久保EARTHDOM 12月13日

▶︎目次
 沖縄から世界へ。世界から沖縄へ。──移民、貧困、歴史。希望なき社会の希望  桃山 邑
陸奥の運玉義留(作演出 翠羅臼)
 ボンヤリ沖縄行き  千代次
 冬のかんげーぐと  居原田 遥
 来訪と放浪─さすらい姉妹の旅の夏  梅山いつき
 沖縄報告(辺野古─高江─安部海岸─読谷村)──2016年暮れ  秋浜 立
海を越える蝶 GO! GO! チンボーラ~ 満月篇 弐の替わり(作演出 桃山邑)

▶︎関連書
桃山邑[編]『水族館劇場のほうへ』
http://www.hatorishoten.co.jp/items/4873600
水族館劇場『横浜寿町公演 FishBone 特別編集号』2017&2018
http://www.hatorishoten.co.jp/items/11150539
乾緑郎『ドライドックNo.8 乾船渠八號』
http://www.hatorishoten.co.jp/items/26902335

¥ 1,650

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

関連書籍

  • Home
  • About