尾形一郎・尾形 優『私たちの「東京の家」』

B5判変型 上製 160頁(カラー80頁)
本体価格 5,400円+税
ISBN 978-4-904702-47-6 C1070
2014年9月刊行
ブックデザイン 原 研哉+大橋香菜子
【日英併記】

▼書評・記事

▼概要
暮らすことは、コンセプチュアルアートのようなもの

異文化の鬩ぎ合いと自然の威力が生みだす、この世の特異地点を求めて──
写真家・建築家・現代美術家である二人が世界から集めてきたイメージは、自宅「東京の家」に再構築され、増殖してゆく。

写真とエッセイでつづる、誰も見たことのない、建築とアートのあいだ。
生きて変容するアートの記録。

●「東京の家」に集まる世界のイメージ
・ 噴火に消えた中米グァテマラの首都アンティグア
・ 原始宗教が匂い立つメキシコ教会堂のウルトラバロック
・ 欲望うごめく日本のサムライバロックが織りなす迷宮
・ ナミビアの砂漠に埋もれた鉱山廃墟のドイツ住宅
・ 要塞のごとき中国の農家と折衷建築の商店街
・ ギリシャで見つけた「東京の家」は白い鳩小屋

[目次]
序文 撮影することから私たちの家づくりは始まった
グァテマラ──巨大地震の記憶を建築現場に重ねる
メキシコ──写真が内包する宇宙を建築に変換する
日本──迷宮を大型プリントで再構築する
ナミビア──二人の原風景を一つにする
中国──ディスレクシアの世界を鉄道模型で再現する
ギリシャ──「東京の家」を再発見する

▼プロフィール
尾形一郎 京都生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科建築計画修了。
尾形 優 東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。

[主な写真集・著書]
『HOUSE』(フォイル、2009年)
『極彩色メキシコ巡礼』(晶文社、2001年)[以下、小野一郎]
『MEXICO: BAROQUE』『MEXICO: HOTELS』『MEXICO: ICONS』(アスペクト、2000年)
『Divine Excess』(Chronicle Books、1996年)
『ウルトラバロック』(新潮社、1995年)

公式HP http://yoioo.com/

PRICE

¥ 5,832

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
  • Home
  • About
  • Blog