工藤庸子×蓮實重彦『〈淫靡さ〉について』はとり文庫005

★サイン本、限定20冊販売中★
(カートに入れる際に、種類「サイン本」をお選びください)

A6判並製(文庫判) 240頁
本体価格 1,300円+税
ISBN 978-4-904702-67-3 C0095
2017年7月刊行
デザイン 原研哉+中村晋平+大橋香菜子

三島由紀夫賞受賞『伯爵夫人』の衝撃から1年──"作者"と、『論集 蓮實重彥』の編者が織りなす対談集。2016年7月と12月に、工藤庸子編『論集 蓮實重彥』(羽鳥書店)と工藤庸子『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ』(東京大学出版会)の刊行記念として行われた二つの対談。ともにフランス文学研究の第一線にあり元同僚でもある二人が、女性・フィクション・大学を軸に、近代から現代を縦横に語る。工藤庸子渾身の書下ろし『伯爵夫人』論も収録。

◉著者
工藤庸子(くどう ようこ)
フランス文学者。東京大学名誉教授。『論集 蓮實重彥』(27人の「非嫡出子」による蓮實重彥論)の編者。三部作『ヨーロッパ文明批判序説』『近代ヨーロッパ宗教文化論』『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ』(2003, 2013, 2016、いずれも東京大学出版会)
蓮實 重彥(はすみ しげひこ)
フランス文学者、文芸批評家、映画批評家、小説家。第26代東京大学総長、同大学名誉教授。

◉目次
Introduction にかえて──功成り名を遂げた元総長がなぜ? というごく自然な疑問をめぐるKYの独り言  工藤庸子
【対談】『論集 蓮實重彥』についてお話させていただきます
【対談】女性・フィクション・大学──スタール夫人×伯爵夫人
伯爵夫人のために──フィクション・映画・幽霊  工藤庸子
Conclusion にかえて──ちょうどそのときたまたまそこにいてくれたことの淫靡さを言祝ぐ  蓮實重彥

¥ 1,404

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
  • Home
  • About
  • Blog