木村草太『憲法の急所──権利論を組み立てる』

*申し訳ありませんが、こちらの書籍は品切れです。
現在、改訂版(第二版)を準備しております。
刊行時期が決まりましたら、当サイトで告知します。

A5判 並製 360頁
本体価格 2,800円+税
ISBN 978-4-904702-26-0 C3032
2010年7月刊行
ブックデザイン 馬面俊之
印刷・製本 大日本法令印刷

▼書評・記事
ウェブサイト「ジセダイ」|ザ・ジセダイ教官
「若き憲法学者・木村草太先生に、"法学のマインド"を学ぶ!」前後編
*後編では、『憲法の急所』が紹介されています。
http://ji-sedai.jp/special/kyokan/KimuraSouta.html
『法学セミナー』2011年12月号「ブック・レビュー」
「おそらく、本書が司法試験受験生から絶大な支持を受けた理由は、「論証例」であろうが、私の印象では、むしろ「検討編」に本書の特徴があるように思われる。……本書「検討編」には無駄がない。……知識の確認・補強に加え、憲法上の争点を抽出する直感力を磨く上で役立つであろう」(評者・小山剛先生/慶應義塾大学教授)
『週刊文春』2011年12月1日号「東大で一番売れている本は『憲法の急所』、ならば慶應は?」
『SPA!』2011年10月18・25日号「THE BESTSELLERS」東大生協書籍部(本郷)のベストセラー第1位として紹介。

▼概要
攻防の争点=急所を掴む

急所をふまえ、権利論を組み立てるための
判例・学説に対する明晰な理解と論証技術を身に付ける

首都大学東京法科大学院で教鞭をとる著者が、上級憲法の講義をそのまままとめた演習書。憲法上の権利の基本的知識と権利論の考え方について解説した「講義編」と人権論を網羅した具体的事例を検証する「演習編」の二部構成。基本知識があれば理解できる丁寧な記述と新司法試験を想定した長文の問題を特長とする。演習編には最先端の学説を意識した解説に加え、著者による論証例を付す。独習者向けテキストとしても最適。

*訂正
本書の内容につきまして訂正がありましたのでお知らせいたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご参照いただけますようお願いいたします。
憲法の急所 正誤表 (2012年3月26日更新)★リンク準備中

[主要目次]
Ⅰ 講義編 憲法上の権利の知識と手順

 第1章 憲法上の権利の基礎知識
  第1節 憲法上の権利の概念と分類  
  第2節 自由権の基礎知識  
  第3節 請求権の基礎知識  

 第2章 憲法上の権利の基本手順
  第1節 自由権の基本手順
  第2節 請求権の基本手順

 第3章 私人間効力論

Ⅱ 演習編 権利論を組み立てる 

 第4章 精神的自由権
  第1問 国歌伴奏拒否事件 
  第2問 水泳受講拒否事件
  第3問 月島宿舎ビラ配り事件
  第4問 妄想族追放条例事件

 第5章 経済的自由権
  第5問 ペットボトル輸出規制事件      
  第6問 学習塾距離規制事件

 第6章 平等権・請求権
  第7問 Y市育児手当事件
  第8問 生活保護減額処分事件
  第9問 住基ネット起因損害の賠償制限

▼プロフィール
木村草太(きむら そうた)
1980年 横浜に生まれる
2003年 東京大学法学部卒業
2003年 東京大学大学院法学政治学研究科助手・憲法専攻 (2006年まで)
現 在 首都大学東京都市教養学部法学系・東京都立大学法学部准教授(兼任)
(2016年4月、同大学教授)

[著書] 『平等なき平等条項論──equal protection条項と憲法14条1項』(東京大学出版会、2008年)

公式ブログ「木村草太の力戦憲法」http://blog.goo.ne.jp/kimkimlr

¥ 3,024

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
  • Home
  • About
  • Blog