三瀬夏之介・池田学『現代アートの行方』(はとり文庫002)

A6判 並製 128頁
本体価格 700円+税
ISBN 978-4-904702-24-6 C1071
2011年6月刊行
ブックデザイン 原 研哉+中村晋平
印刷・製本 大日本法令印刷

▼概要
同じ1973年生まれの作家、三瀬夏之介と池田学による初顔合わせ対談。スケールの大きさで比較されることも多い二人が、初画集をほぼ同時に刊行。池田学が文化庁研修制度でカナダへ旅立つ直前に実現した公開対談では、二人の作風の違いや、意外な素顔がつぎつぎと明らかに。
収録:2011年1月14日(紀伊國屋サザンシアター)

[目次]
1973年生まれの世代
高校教師時代
フィレンツェ研修の1年間、そして山形へ
アウトドア派
絵の描き方
なぜ僕と話してみたいと?[学→夏]
肩書きは何?[夏→学]
「日本画」についてどう思う?[夏→学]
卒業後の生活のことは?[夏→学]
法廷画と自作との関係は?[夏→学]
画材は何を使っている?[学→夏]
絵に登場するモチーフの意味は?[学→夏]
白の部分はどうやって決めるの?[夏→学]
どんなふうに制作しているの?[夏⇔学]
作品のサイズや絵肌については?[夏→学]
画集製作で大変だったことは?[学→夏]
2年かけて完成ってどんな感じ?[夏→学]
趣味は?[学→夏]
ファミコンやった?[夏→学]
なぜカナダ?[夏→学]
絵を描く理由は?[夏⇔学]

あとがき 三瀬夏之介
あとがき 池田 学

▼関連書籍
三瀬夏之介『冬の夏』
池田学『池田学画集1』

PRICE

¥ 756

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
  • Home
  • About
  • Blog