山縣由美子『奇跡の集落やねだんを取材した日々』

四六判 並製 208頁
本体価格2,000円+税
ISBN 978-4-904702-78-9 C0095
2019年10月刊行
イラスト:なかむらるみ
ブックデザイン:小川順子

▶︎概要
再生から創生へ、300人の集落には、笑顔とパワーが弾ける

リーダーの豊重哲郎さんを中心に、行政に頼らない地域再生を果たし、全国から注目される鹿児島県鹿屋市柳谷(やなぎだに)集落、通称やねだん。元TVキャスター(現九州大学理事)の著者が、アイデアと工夫、結束力あふれる集落の人びとを表情豊かに綴る。山縣がディレクターを務めたドキュメンタリー番組「やねだん~人口300人、ボーナスが出る集落~」(南日本放送)は、ギャラクシー賞テレビ部門選奨、石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞、など数々の賞を受賞。

▶︎主要目次
プロローグ
やねだんの地域再生はこう始まった
年々増える自主財源
全世帯にボーナス!
豊重さん、なぜそんなにがんばるのですか?
逆境からつかんだ“感動”の手法
やねだんの新しい風
アーティストがやってきた!
すべてを分かち合う集落
ドキュメンタリー番組『やねだん』に込めた思い
国境も越えて広がった連帯
取材できない
奇跡は手の届くところに

あとがき
やねだん再生と取材の年譜

【コラム】
手づくり〈わくわく運動遊園〉の完成
ヒット商品〈焼酎やねだん〉を生み出した畑
自治公民館長・豊重哲郎さんの履歴書
集落を象徴する〈焼酎やねだん〉
第1号の移住アーティスト
人生初めての似顔絵
おちゃめな中尾ミエさん
海をわたった“やねだん”
広がる韓国との交流

▶︎著者プロフィール
山縣由美子(やまがた ゆみこ)
九州大学理事。元TVキャスター。1981年九州大学文学部を卒業後、南日本放送にアナウンサーとして入社。「MBC6時こちら報道」で鹿児島初の女性ニュースキャスターとなる。1989年フリーとなり、NHK福岡放送局やFBS福岡放送でキャスターに。1997年南日本放送に復帰。キャスター業とドキュメンタリー番組制作を続け、「小さな町の大きな挑戦~ダイオキシンと向き合った川辺町の6年~」で文化庁芸術祭賞など、「やねだん~人口300人、ボーナスが出る集落~」で早稲田ジャーナリズム大賞など様々な賞を受賞。2014年10月、九州大学理事に就任。大学と社会をつなぐスポークスパーソンの役割を担い、広報改革などを指揮。

▶︎柳谷集落(やねだん)公式サイト
http://www.yanedan.com/

▶︎MBC南日本放送『やねだん 〜人口300人、ボーナスが出る集落〜』DVD販売
DVD単品 http://www.hatorishoten.co.jp/items/23875251
書籍とのセット販売 http://www.hatorishoten.co.jp/items/23875741

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

関連書籍

  • Home
  • About